木目込み人形

hina_images_kime

木目込み人形

hina_images_kime木目込み人形は、いまからおよそ260年前の江戸元文年間の京都がはじまりで、衣の生地を木の切れ目にはさみ込んで作るところから「木目込人形」と呼ばれるようになりました。技を継ぎ、磨き上げられた伝統技法を現代に伝える、木目込み人形。木目込み人形の正統伝承者、真多呂の作品をはじめ、手作りの伝統の美しさを多数取り揃えています。



このページのトップへ